日焼け止め効果の持続時間はどれくらい?

本日も快晴の宝塚

気温もグングン上がってきています

 

 

 

紫外線量もドンドン上がっています。

 

実はまぶしいと感じるのは太陽光(可視光線)で

紫外線は目に見えません。

でも見えないからこそ怖いのです。

紫外線にはUVBとUVAの2種類があります。

UVBは紫外線B波で肌の表面で日焼けを

起こしシミや肌荒れの原因になります。

UVAは紫外線A波で肌の奥まで届きシワや

たるみを引き起こす肌老化の原因です。

年々強くなる紫外線に日焼け止めクリームは

必須アイテムですが、表記されているSRFやPAので指数から

紫外線を防御する時間がわかります。

SPFがUVBの影響を遅らせる指数
PAがUVAをカットする指数です。

SPFのあとに書かれている数字は紫外線による

炎症をどれだけ遅らせるかの数値です。

 

 

紫外線を浴びてから炎症を起こす時間は

約20分なのでSPF30の場合は

30×20=600分  約10時間お肌を守ってくれます。

PAは+の数が多いほど効果があるという意味で
+でPAをカットする効果が

(+はついてないものに比べて)2~4倍
++で4~8倍
+++で8倍以上  になります。

日焼け止めを塗ってから付け直しの

タイミングを指数や+の数を参考に

紫外線からお肌を守ってくださいね♫

 

 

6/17(月)開催講座のご案内

日焼け止めクリームやスキンケア情報を

たくさん詰め込んだ化粧品講座

コスメジプシーさんに伝えたい化粧品のこと

特定の化粧品を販売する講座ではありませんので

安心してご参加くださいね♫

 

 

LINE@始めました  @qqa0876m

ご登録後スタンプをひとつ

送信していただけると嬉しいです♪

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です